真心を込めて、花嫁をお創りします

トップページザ・オリエンタル和装®・着物への想い

着物への想い

白無垢、色打掛、ザ・オリエンタル和装®、豊富な経験を活かし、
人生最良の日となりますよう、真心こめて全力で花嫁をお創りします。

真心込めて花嫁をお創りします

着物、ザ・オリエンタル和装への想い“いにしえより受け継がれる心”を

日本のお振袖は、未婚女性の第一礼装、着物の最高峰です。そこに描かれた絵柄は日本の文化をふんだんに盛り込んだ絵画のような素晴らしさです。その芸術性は二百年前よりヨーロッパなど欧米諸国を魅了してきました。

このお振り袖をより多くの方にお召しになっていただきたい、魅力を広めたいという想いが私をザ・オリエンタル和装®の創作へと邁進させました。

伝統を活かした新しいドレスとして生まれ変わるザ・オリエンタル和装®は、試行錯誤を繰り返し、お振り袖を仕立て直しをせず、熟練の着付師の技のみ10分で披露できるまでとなりました。

そのドレスとして召されたお振袖は、次の代またその次の代へとお振袖として、ザ・オリエンタル和装®として、何度もお召しになっていただけるのです。

現在、披露宴のお色直しとしてご両親様、祖父母様にはもちろんのこと、ご列席の皆様にもたくさんの感動、感謝のお言葉をいただいております。

“いにしえより受け継がれる心”をテーマとして、ザ.オリエンタル和装®を通して皆様と一緒に日本の伝統着付文化を世界へと発展させていけたら、と願っております。

おもてなしの心を笑顔と共に
有限会社ビギン代表・一級着付師 村井 昭子

ザ・オリエンタル和装

自宅でのお仕度

ビギンブライダル村井が、大好きで、力を入れたい自宅でのお支度。
自宅お支度の良いところは、おじいちゃんおばあちゃんに、花嫁姿をゆっくりみていただける事です。ご仏壇におまいりし、ご両親への感謝をのべるお嫁さまの目から落ちる涙は、宝石です。

また、ご家族の皆様だけでなく、幼い時からのお付き合いあるご親戚、ご近所の皆様に、花嫁姿をみていただくのは、感動にあふれています。

ビギンブライダルでは、ご自宅でのお支度を前撮りでもおすすめしています。日本の昔ながらの儀式を大切にしたいと思います。ご相談ください。

自宅でのお仕度

「ザ・オリエンタル和装®」は、大切なお振袖を、着付けの技だけで、10分ほどでドレスに変身させます。

全く裁断・縫製は行いませんので、またすぐにお振袖として着ていただけます。花嫁のお色直しに、ご両親、おじいちゃん、おばあちゃんへの感謝を伝える衣装として、おすすめしています。
ザ・オリエンタル和装®の振袖ドレスは、切らないことが最大の特徴です。大切なお振袖を仕立て直しすることなく、10分ほどで素敵な振袖ドレスに変身させます。

ザ・オリエンタル和装

想い出の着物を人生の大切な行事に

結婚式は、ご両親・おじいちゃん・おばあちゃんへ感謝を伝える日でもあります。 想像し得なかった、お振袖の「サプライズ演出」に、 皆様、感動されることでしょう。

ザ・オリエンタル和装

振袖は、父方の祖母さまが、帯は、母方の祖母さまに、プレゼントされたもの。

お色直しの入場は、おばあちゃまたちが、両脇に。素晴らしいことです。

ザ・オリエンタル和装

ドレスの後、すぐお振袖として着ていただけます

ザ・オリエンタル和装®は大切なお振袖を傷つけることがないので、またすぐにお振袖として着ていただけます。代々受け継がれるお着物を大切にし続けられます。

例えば、お式に振袖、宴にザ・オリエンタル和装®もご好評をいただいております。

ザ・オリエンタル和装

新郎は和服でもタキシードでもステキです

花嫁のザ・オリエンタル和装®に合わせて、新郎は紋付でもタキシードでも、どちらでもステキです。花嫁の振袖のカラーに合わせて、お好きな衣装を合わせてください。

ザ・オリエンタル和装;

振袖ドレスを前撮り・後撮り・二次会、記念撮影にも

結婚式の当日だけでなく、ザ・オリエンタル和装®の振袖ドレスでの前撮り・後撮り、人生の節目となる日の記念撮影の衣装としてもおすすめしています。

» ロケーションフォト、ザ・オリエンタル和装®クイーンについて詳しくはこちら

ザ・オリエンタル和装;

ザ・オリエンタル和装

ザ・オリエンタル和装®が東海テレビ、NHKの取材でテレビ放送されました。


ザ・オリエンタル和装®の振袖ドレスでの結婚式のスライドショーがご覧いただけます。